行政書士による高齢者総合支援サービス

現代の日本は超高齢社会を迎えており、核家族化と相まって、一人暮らしの高齢者が非常に多くなっています。 一人暮らしや夫婦二人の高齢者については、ご本人にとっても、あるいは遠隔地に住む子供達から見ても、数々の不安要素があります。

・体調の急変や病気の看病
・金銭管理や財産管理
・悪徳商法や詐欺の被害
・認知症などの介護

当サービスは、定期的な見守りによる安否確認に加え、暮らしの中の様々な事務手続きの代理行為、将来認知症などで介護が必要になったときの任意後見契約をセットにした、高齢者のための総合支援サービスです。

まだ成年後見制度を利用するほどではないが、それと同様の形で支援してくれる人がほしい。そんな方にピッタリのサービスです。

※ 画像は日本行政書士会連合会公式キャラクターのユキマサくんです。

コンテンツ紹介