HOME > サービス内容

サービス内容

① 判断能力に問題はないが、体力の低下などで援助が必要になった方のための生前事務委任契約
② 判断能力が低下したときのための任意後見契約
③ 亡くなられたときの葬儀や身辺整理に関する死後事務委任契約

①及び②、または①から③をセットにして契約します。
法定後見や単独の任意後見契約と異なり、お元気なうちと同様のサービスを認知症発症後も継続して受けることが可能です。


ご自身が一人暮らしで金銭管理などに不安を抱えている方、遠隔地に高齢の親だけで暮らしていて心配な方にお勧めです。 ご依頼人の方には定期的にレポートをお送りします。

見守りと日用品の購入

定期的に訪問して日常生活に支障が起きていないか、状態の変化はないかなど確認します。
必要に応じ日用品の購入も行います。
暮らしの中での困りごとなども気軽に相談していただけます。

預貯金管理

預金通帳などをお預かりし、年金や賃貸収入を管理します。
生活費の引出しや各種支払いも代行します。
悪徳商法や特殊詐欺への対策としても有効です。

各種契約の代行

介護サービスの利用契約、要介護認定の申請、福祉関係施設への入所契約や医療契約、病院への入院手続などを代行します。

※ 不動産の処分(売却、賃貸、担保設定など)は代行いたしませんが、相談をお受けしたりお手伝いをいたします。

重要な証書等の保管管理

不動産の権利証、年金関係書類、建物賃貸借契約書、マイナンバー関係書類などの重要書類を責任をもってお預かりします。

各種士業との連携

弁護士、司法書士、税理士などへの依頼が必要になる状況を感知し、適切に連携対応いたします。

葬儀や遺品整理の手配

死後事務委任契約をセットされた場合、ご契約者が亡くなられた後の葬儀や留守宅の整理を手配します。 最近問題になっているパソコンやスマホ内部あるいはオンライン上のデジタル遺品の処置もお引き受けします。